<< 現地の方の為に献血、物資支援をしたいという方へ | main | 簡単に出来るストレス対策 >>

スポンサーサイト

0
    • 2012.07.13 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    避難時、地震が来た際の役立ち知識

    0

      【簡易トイレの作り方】
      便器の中にビニール袋を二重に入れ、口の部分の一部を管などに括る。
      ビニール袋の中に新聞紙を入れ、消毒液を入れるか、スプレーする。
      必要に応じてビニール袋を替える。


      【簡易整理用ナプキンの作り方】
      長袖の袖を20cmほどで左右切り取り、中にタオルなどを入れて簡易ナプキンがつくれます。固定はガムテープなど。

      【家で夜中の地震へ対処する方法】 
      ■夜中に地震が発生すると、まっさきに視界が奪われます。停電しても蛍光灯の余韻は残るので、素早く手に取れるように常備灯や懐中電灯を準備しておきます。
      ■STEP1:灯りの確保
      常備灯を使用します。懐中電灯でもOK。すぐに点灯させましょう。常備灯、懐中電灯、いずれにしても、決められた場所に置いておくことが肝心です。設置場所、保管場所は、真っ暗闇の中でも手探りで簡単に手に取れるところ。頑丈なマグライトだと、ちょっとした武器のようにも利用でき、転倒物をどけるときのテコとしても活用できます
      ■STEP2:声かけ
      灯りを確保したら通路を確認しましょう。足もとにガラスや陶器が転倒していないか素早くチェックします。揺れが強くて転倒物が多いときは、すみやかに家から出ることも大切です。家族がお風呂に入っていた場合は、服を持ったまま出るようにします。夜中で電気が消えていれば裸で出ても大丈夫。安全な場所で服を着ます。家屋倒壊は一瞬の判断が生死を分けますので、電気が停止してしまう地震が発生した場合は、頭を非常事態に切り替えて行動しましょう。常識やマナーは、いったん棚にあげてしまうことも大切です。
      ■STEP3年配者は知恵があります。大人は行動力があります。しかし、子供が最も教育や躾けを守ります。災害時の避難訓練を定期的に受けているのは、実は子供の場合が多いのです。大人は知恵がありながらも世間体や常識が働いてしまいがちです。
      災害時に大人が子供に指示する場合は、「命を守る」を最優先にしましょう。


       【避難の際の注意】屋外にいる方や避難所に避難している方は、引き続き、寒さへの注意が必要です。屋内でも十分な暖房が無い場合もあろうかと思います。防寒具が無い場合には、洋服と下着の間に新聞紙やタオルを挟むことなどで防寒効果が得られます。


      【防寒法】1.重ね着して、身体の周りに空気の層を作る(新聞紙を服と服の間に入れる・風を通さない服やビニルシートやゴミ袋をはおってその下にセーターなど空気を含みやすいものを着る)2.タオルかなにかで耳や頭や顔など皮膚を露出しないように工夫する 3.温めるなら首と背中を重点的に!
      尾てい骨の上部を暖めるのも有効。

      【体を温めるツボ】
      ・足の親指と人差し指の交わるところ
      ・頭を前に曲げた時、首の後ろで大きく突き出る骨の下のくぼみの部分
      ・くるぶしの内側のもっとも高い部分から上へ指4本分の場所が体を温めるツボらしいです。少しでも力になれれば幸いです。

      【エコノミー症候群対策】
      、「足や足の指をこまめに動かす」「1時間に1回かかとの上下運動(20〜30回程度)」「伸び・ストレッチ」「トイレを控えようと水を飲むことを我慢せず十分に水分補給」「酒は血液が濃縮されるので飲まない方がいい」「車中泊はリスクが高いので余計に注意」「ベルトをきつく締めない」「足を上げて寝る」

      【カップメン】
      カップ麺は、水でも作れます。お湯を入れる代わりに水を入れ、麺の太さに応じて30〜45分程度待つだけ。油系調味料はお好みで。冷たいですが、麺の食感はわりと普通です。お湯が使えない状況下で知っておくと役立つかも。

      【無料公衆電話の使い方】
      ■緑色のアナログ公衆電話
      緊急ボタンを押すか、10円玉を入れれば通話できます。
      通話が終わると10円玉は戻ります。 
      ■デジタル公衆電話
      テレホンカードや10円玉を使わず、
      受話器を取るだけで通話できるようになります。


      【建物に赤い紙】震災の時に、建物に赤い紙が貼られていたら、それは「全壊」の判定を受けた建物です。倒壊の危険性が高いですので、近寄らないようにしてください!

      【ブレーカー】避難する人は絶対にブレーカー落として!じゃないと送電時に火災になって家が燃えちゃうから!拡散して!!!停電から復旧した瞬間ショートして火災というケースも多いようですので停電してても落として!

      【ガス】ガスが自動停止しているのは、ガス管破損による二次災害を防ぐため。破損無しと確認されるまでは勝手に復帰させない事!(中越大震災での教訓)

      【女性用生理用品】女性 の生理用品は傷口に押し当てて止血に使ったり、何日もお風呂に入れなくて不衛生な下着にあてたりと普通に使う以外の使い道もあるそうです。使い捨てなので下手なタオルより衛星的! 自宅にいらっしゃる方で生理用品の備蓄がある方は避難用の荷物に持っておくのも良。

      【お風呂に入れない人へ】 化粧水かアルコールをコットンかティッシュに染み込ませて頭皮を拭くと少しはさっぱりします。 身体も濡らしたタオルなどで拭くと少しはさっぱりします。 美容部員時代に研修で化粧水の使い方を勉強したときに覚えました。
       


      スポンサーサイト

      0
        • 2012.07.13 Friday
        • -
        • 15:57
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント

        私も自身のブログにここに載っているお役立ち情報を載せたいのですが、コピーしてもよろしいでしょうか?
        • きゃらめる
        • 2011/03/16 10:14 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        categories
        selected entries
        archives
        recent comment
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        PR