<< 太白区の診療所(大病院を除く) | main | 泉区内の診療所(大病院は除く) [19日 16:57更新] >>

スポンサーサイト

0
    • 2012.07.13 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ガソリン等の注意事項 [19日 16:46更新]

    0
      ガソリン等の燃料は、引火点が低く火災危険性が極めて高いことから、 その取扱いを誤ると容易に火災に至ることを十分にご理解いただいた上で安全に取り扱っていただくことが必要不可欠です。 

      ( ガソリンの引火点は-40°C程度であり、静電気や電気火花等により容易に火 

      災に至る危険性を有しています。 



      ガソリンの特性 
      引火点は-40°C程度と低く、極めて引火しやすい。 
      ・ガソリン蒸気は空気より約3~4倍重いので、低所に滞留しやすい。 
      ・電気の不良導体であるため、流動等の際に静電気を発生しやすい


      ・ガソリンを取り扱っている周辺で火気や火花を発する機械器具等を用いない
      ガソリンを取り扱っている場所から1m離れた場所に置かれた洗濯機で火災に至った事例や、火気や火花がなくても人体に蓄積された静電気で火災に至った事例が報告されており、ガソリンを取り扱う場合は細心の注意を払わないと容易に火災に至る危険性があります。 

      ・ガソリンは電気の不良導体なので、金属製容器で貯蔵する必要があり、金属製の配管でガソリンの移し替えを行う必要があります。
      灯油用のポリエチレンタンクや樹脂製の灯油用給油ポンプでは、ガソリン自身が帯電してしまいます。ガソリン自身が帯電していると、ガソリン使用時に蓄積された静電気が放電して火花が発生することにより、火源が無くても容易に火災に至る危険性があります。 

      ・ガソリン容器からガソリン蒸気が流出しないように、容器は密栓するとともに、ガソリンの貯蔵や取扱いを行う場所は通風、換気を良くしましょう。 


      ///////////////////////////////


      灯油・軽油の特性
      引火点は40°C~45°C程度であり、引火しやすい。 
      ・灯油や軽油の蒸気は空気より約4~5倍重いので、低所に滞留しやすい。 
      ・流動等の際に静電気を発生しやすい。 


      ・灯油や軽油を取り扱っている周辺で火気や火花を発する機械器具等を用いない
      灯油や軽油から発生する可燃性蒸気の量はガソリンより少ないため、ガソリンと比べれば火災危険性は低いものの、灯油や軽油の近くに火気等があれば火災に至る危険性があることには変わりはない。灯油や軽油を取り扱う場合は、ガソリンと同様に細心の注意を払う必要があります。 
      ・ガソリンほどではありませんが、灯油や軽油も流動等の際に静電気を発生しやすい性質があります。
      灯油や軽油も蒸気と空気の混合率が一定範囲内で燃えます。常温であれば、灯油用のポリエチレンタンクや樹脂製の灯油用給油ポンプの使用は問題ありませんが、液温が高くなる(40°C以上)環境下で用いる場合は、灯油や軽油に蓄積された静電気で火災に至る危険性がある 
      ことに留意する必要があります。 
      ・灯油や軽油の容器から灯油や軽油の蒸気が流出しないように、容器は密栓し灯油や軽油の貯蔵や取扱いを行う場所は通風、換気を良くしましょう。 


      ///////////////////////////////


      ドラム缶から直接自動車に給油することの火災危険性 
       
      ガソリンの引火点は-40°C程度と非常に低く、静電気等でも容易に火災が発生することから、ガソリンスタンドで給油することが必要です。
      ガソリンスタンドで給油すれば、自動車の燃料タンクが満タンになると自動的に給油を停止する機能が付いていますし、万が一、ガソリンが漏えいした場合には漏えいしたガソリンは適切に処理されるようになっています。 
      一方、被災地においてはガソリンスタンドでの給油が困難な場合も考えられますが、仮にドラム缶から自動車にガソリンを給油する場合、ガソリンが満タンになった時に給油が自動的に停止する機能がなく、給油中にガソリンタンクの液面を把握することが困難であることから、ガソリンが給油口から溢れ出してしまう危険性があります。また、ガソリンが流出した場合の対策やそれに付随する火災対策も講じられておらず、非常に火災危険性が高いと言わざるを得ません。
      ドラム缶からの給油は、給油量が少量(200リットル未満)であれば、仮取扱いの承認を受けていただく必要はありません
      それ以上のガソリンを給油する場合は、ドラム缶を接地すること、防火上十分な空地を確保すること、給油口からガソリンがあふれ出ない対策を講ずる等、仮貯蔵又は仮取扱いを行おうと考えている場所を管轄する消防機関が防火上十分な事故防止対策を講じていると認め、仮取扱いの承認を行えば、ドラム缶から給油することは可能です。


      ///////////////////////////////


      自動車のガソリン等を抜き取って使用することは危険です】 
       
      ガソリンの引火点は-40°C程度と非常に低く、ガソリンスタンドにおいても静電気による火災が発生する事例が発生しています。 
      自動車に給油しようとした際に人体に帯電した静電気により火災が発生する他、オイルチェンジャーを用いて自動車のガソリンを抜いていたところ火災に至る事もあります。 
      被災地において、仮に樹脂系の灯油用給油ポンプを用いて自動車からガソリンを抜き取った場合、ガソリン自身が帯電してしまい、火災に至る危険性はオイルチェンジャー以上に高く、非常に危険です。二次災害を防止する観点からも、控えていただけるようお願いいたします。 


      ///////////////////////////////


      石油ストーブ等の灯油がなくなってもガソリンを使用することは危険です】 
       
      ガソリンの引火点は-40°C程度と非常に低く、静電気等でも容易に火災が発生します。一方、灯油の引火点は40°C程度であり、火災危険性は高いもののガソリンほどではありません。 
      石油ストーブや石油ファンヒーター等は、あくまでも灯油を燃料として用いることを前提に作られているため、仮に灯油がなくなった場合でも、灯油の代わりにガソリンを給油すると火災が発生する危険性が非常に高く、石油ストーブ等は建物内で用いる場合が大半であることから、建物火災に発展する危険性が高いので、絶対に行わないようにしてください。


      ///////////////////////////////


      ガソリン等の燃料を容器で運搬する場合の留意事項】 
       
      ガソリンの引火点は-40°C程度と非常に低く、静電気等でも容易に火災が発生することから、金属製の容器(ガソリン携行缶やドラム缶等)で運搬する必要がありますが、ガソリン等を容器で運搬する場合には消防法令上、危険物取扱者が乗車することまでは求められておりません(もちろん、防火上の観点から危険物取扱者が乗車されることは望ましいことですが)。 
      また、ガソリン等を車両で運搬する場合、ガソリン等を収納した容器の運搬個数に制限はありません。
      運搬中に危険物が落下・転倒することがないように積載すること、3メートル以上積み重ねて運ばないこと等の防火上の対策は講じていただく必要があります。 
      なお、大量のガソリン等(ガソリンの場合は200 リットル、灯油又は軽油の場合は1,000 リットル)を運搬する場合は事故時の火災危険性が高いことから、消火器を設置するとともに、他の方に大量の危険物を運搬していることが容易にわかるように「危」と記した標識を掲げる必要があります (不明な点は、最寄りの消防本部にお聞きください)。 


      スポンサーサイト

      0
        • 2012.07.13 Friday
        • -
        • 16:46
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        categories
        selected entries
        archives
        recent comment
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        PR